どこまでが寝室納戸逆転生活?

部屋のお片付けをメインに日常や季節のことなどをマイペースに記録する日記ブログです。

盛り付けられないから違うところに。

料理をしていて時々悩むのが、

どうして盛り付けが綺麗にできないのか、ということ。

 

センスの良い方はいったいどこでそのセンスを身に付けているのだろうか。

生まれもっての方もいれば、後に身に付けた方もいるのでしょう。

などと思うわけです。

 

 

というのも、ひとつの林檎を切るにあたって、さてどうしたものか、と林檎を睨み付けていました。

数日前に「ふじ」と「王林」を買っていて、さきに赤い方の「ふじ」をカット。

カットして小皿にポンポンと乗せてみたのだけど味気なし。
しかも皮も剥かずに8等分。

 

味気ないどころか、皮剥けよ、と自分でも突っ込みを入れました。
悩んで考えているうちに面倒になるタイプなので途中から何も考えなくなったとも言います。

切ったばかりの赤色と黄色の色の違いは好きです。
早めに塩水に浸けねば、と思いつつも塩水の用意忘れました。
変色し始めてるし、と慌てて塩水を用意した後に、
何となくウサギをひとつ。

他のカット林檎も少し皮の部分を部分的に残してみたり。

 

うん、下手だ。

でも、ちゃんとウサギの耳は立ったから良しとする(自己満足)。

f:id:hinatof:20180302233510j:plain

 

包丁の入れ方が下手なのがバレバレ。右の林檎なんて、欠けていますし。

それもスマホの画質が良いとなおのことアラが目立ちますこと。

 

 

もう少し細工してみたかったな、と思いつつもお腹が減っていたのでそれ以降は何も考えずに咀嚼。

 

美味しい。

 

美味しいので、もう盛り付けなんてどうでも良いか、とも思えてしまいますが。

でも、せっかく美味しいのだから見た目もアップしてより美味しく感じたいというわがままでした。

 

 

この林檎を並べてみたり、向きを考えれば良かったんじゃない?とは後になって気づきました。

もう、お腹の中ですしね、何もできません。

 

 

あとは青リンゴ「王林」です。

んー、飾り切りしてもあまり映えませんかね。

 

 

 

今日も一日お疲れ様です。

ありがとうございました。