どこまでが寝室納戸逆転生活?

部屋のお片付けをメインに日常や季節のことなどをマイペースに記録する日記ブログです。

網戸を自分で張り替える。案外簡単だったり

かわいそうなことに、半分以上剥がれてしまった網戸のネットを交換すべく、家にあった余りものの網戸ネットを装着させようと思います。

f:id:hinatof:20180709003620j:plain

ちなみに、このネットだけは私の物ではないので、所有者に「ちょーだい」とメール。数分後にはあっさりと許可を貰えたのでちゃっちゃと直してしまいました。

 

網戸交換の時期と目安

ネットに穴が開いている・傷がついている 

小さい穴なら「まぁ、いっか」で済むかもしれませんが、その穴が徐々に大きくなっていったり、素材によってはその穴が原因でケガをしたりすることもあり得ますので、目視で穴が開いているのが見えたら交換時期かもしれません。
穴があると虫が入ってくるどころか、家でペットを飼っている場合その穴からペットが出て行ってしまうことも。結果、穴が大きくなることがあります。

網戸のネットを交換して数年経っている

家を建ててから、賃貸に引っ越してきてから、を目安に考えてみます。
およそ4,5年が目安(業者さんでの目安のようですが)とされています。使用箇所や日光の当たりやすい場所によってはそれよりも短くなります。場合によっては、1,2年で交換した方が良い場合も。
穴や傷がなくても、劣化が進むと少し触れただけでもネットが破れたり崩れたりすることもあります。また、ネットが弛んでいる可能性もあります。

網戸って結構汚れてる

この網戸は家の物じゃないのです。汚いけどこのまま仕上げてしまおうか、なんて気持ちも芽生えてしまった(^-^;)
いや、本当はブラシなどで汚れを落としてから付け替えるんですけどね。思いの他汚れが酷すぎて困った。網戸は通常雨ざらしなので、どのご家庭にあるものでも程度は違えど汚れているのはわかります。なので、水拭きしました。サイズ的にも小さいので今回は念入りに汚れを落としてあげましょう。
本当は、ブラシで汚れやほこりを払うだけで十分。だけど、汚れが酷かったので水拭きしました。乾くまで放置。その間に材料と道具を揃えます。
材料と道具を揃え終えても残念ながら乾きませんでした。さらに放置しておきます。
その間に梅仕事の昨日の続きをしますかね。

 

hinatof1220.hatenablog.jp

材料と道具

ほとんどが家にあるもので代用できます。だけど、専用の道具があった方がラクではあります。特に、ローラーはあるととても便利。

今回使った材料

 網戸シート:網戸張替え用ネット。貰いもの・メーカー不明
 網戸ゴム :別用途で使った残り物・ダイソー様。準備する時はサイズに注意。

今回使った道具

 網戸張替え用ローラー:一応ヘラなどで代用可能です
 マイナスドライバー:先端が細いもので代用可能
 カッターとハサミ:ネットをカットするのに使います
 掃除用歯ブラシ:汚れを落とせれば他で代用可能

このほかに、必要に応じてクリップがあると便利。網戸張替え用のクリップも売られていますが、家に目玉クリップや大き目なクリップとか洗濯ばさみがあれば十分に代用可能。

これらは全てダイソーさんでも揃います。網戸シートは218円したが、他は108円で売られています。昔は100円なんかじゃ買えなかったのになぁ。ホームセンターでもほとんどの物が百数十~三百円くらいで揃えられるので、良し悪しはわかりません。
でも、網戸の網は蚊を寄せ付けない(千円以上の物も)やら破れにくいやら、材質や色やメッシュの大きさなどもありますので、その辺りはお好みですね。

張り替え

いざ、張替えスタート。

古いネットをはがす

f:id:hinatof:20180709003702j:plain

 マイナスドライバーをゴムとゴムの間に差し込んで持ち上げます。後は、引っ張るだけ。ゴムと一緒にネットのカスがピロピロ飛び出してきますので口や目に入らないように気を付けます。
 今回の網戸は、たぶん十年以上交換していないと思うのですが、ゴムがゴムではなくなっていました。劣化しすぎて一部で破損するほど固くなっていました。しかも、くっついてしまったかのように剥がれにくかったです。

汚れを落とす

 使い古した歯ブラシや掃除用のブラシなどで汚れを落とします。
 窓もそうですけど、網戸は雨や風に晒されているので、結構汚れている物です。ほこりやごみ、葉っぱや虫なんかが付いていたりします。
 それらをブラシで払い落とします。

網をカットする

f:id:hinatof:20180709002112j:plain

 定規やメジャーなどで採寸するか、フレームにネットをあてて直に切る。
 私は面倒くさがりなので、フレームに直接ネットを当ててザーッと切りました。サイズを測るときは、必ず大きめにカットします。
 固定はとても単純でネットをゴムで止めるだけ。止める時にネットが小さいとネットを張らせることも固定することもできず、使い物になりません。必ず大きめにカット。
 フレームの枠より大きめに切り取っておきます。余った部分は最後に切り落とすので見た目は問題ありません。

ネットをフレームに仮止めする

f:id:hinatof:20180709002217j:plain

 今回の網戸は小さいので、ネットが余る...。

 網戸のフレームにネットの目が平行になる様に置き、クリップなどでフレームの外側に仮止めする。
 クリップを使わないときは直接枠の四角にゴムをヘラなどを使って差し込んでL字になるように仮止めしておく(今回、こちらで行いました)。
 網戸のサイズが大きいときはクリップも併用した方が良いかと思います。

ゴムをはめ込む

f:id:hinatof:20180709002312j:plain

 四辺の内の短い辺からスタート。短い辺→長い辺→短い辺→長い辺の順番で。
 ここでローラーがあるととてもラクです。そして、網戸の張り替えで一番の力仕事になります。
 最初の短い辺→長い辺はそこまで気を使いませんが、三辺目はネットが弛まないように少し引っ張りながらゴムを押し込んでいきます。最後の四辺目も同じで、弛まないように外側にネットを引っ張ってゴムを少しずつ押し込みカットします。ここで少し弛んでも最後に調整できるので少しくらいなら気にしなくて大丈夫です。

調整

f:id:hinatof:20180709002407j:plain

 ネットにたるみがないかを確認し、もし弛んでいる箇所があったらその部分の外側からネットを軽く引っ張り、弛みをなくします。
 弛みが取れたらカッターでゴムの外側にカッターの刃を入れて余っているネットを切り落としていきます。切り残したところはハサミなどでカット。この時に、ゴムやフレームを傷つけないようにしましょう。あと、怪我にはご注意。

 最後。サッシにはめるだけです。

 

完了。

今回行った網戸は小さいものでしたので、女性一人でも短時間でできるほどです。

 縦約43㎝*幅73㎝ 1枚で約20~25分程でした。

 

網戸は使う場所によって、畳一枚くらいのもの(掃き出しサイズ)やそれ以上のサイズのものもありますので、大きいサイズの網戸の張り替えを行うときは、誰かと協力して行うのも良いですね。

専門家ではないので、素人のやり方ですがちゃんと網戸としての機能を果たす程の仕上がりになっています。

業者さんに頼めばラクだし、見た目もはるかに良いのでしょう。
網戸一枚に1000円以上かけるなら、今回のように自分でやってしまった方が安く上がると思います。昔に比べて材料費が安く揃えられるようになったということもあって、1000円以上あれば必要な道具一式と材料が揃えられます。ネットとゴムは消耗品なので都度買い足すことになるかもしれませんけど。

時間と労力をお金で買うか、時間と労力をかけてお金を残すか。
どっちが良いのかという判断はできないものですが。

普段からこういう作業をしているわけではないので、たまに行うと楽しいですね。

 

以上、網戸の張り替えでした。

 

網戸を自分で替えてみたいという方に少しでも参考になれば。

 

 

お疲れさまでした。

ありがとうございました。