どこまでが寝室納戸逆転生活?

部屋のお片付けをメインに日常や季節のことなどをマイペースに記録する日記ブログです。

おうちで梅仕事を。無塩梅を作る

梅仕事。

ここ数日間で「梅のジャム」と「梅のシロップ」を作りました。
梅ジャムを作った際に残った梅の種で「梅醤油」を作ろうと思っていたのですが、空き容器が見つからないままだったので、断念しました。

もう少ししたら梅のシロップに漬けていた梅の半分を梅酒に回そうと思います。
そしたら、今年の梅仕事は終了になりますね。
ここ数年、梅仕事はしていなかったのですが、今年の六月末頃になって教えてもらった無塩梅干し。
そのおかげで梅の時期も終盤である七月に勢い任せで始めてしまった梅仕事でした。ちゃんと計画的に行うべきですね。来年まで待つべきだったのかもしれませんが、待てなかった。

無塩梅の作り方

材料:黄熟梅(品種はお好みで)

道具:オーブン・オーブンシート・竹串・ザル・ボウル 

下準備

梅のなり口(ヘタ)を取り除く
梅を洗って乾かす
オーブンの庫内温度を上げる

作り方

清潔な付近などで梅の水分を拭きとる
オーブンの天板にオーブンシートを敷き、梅を並べる
オーブンで梅を焼く
途中、梅の裏表や位置を変える
オーブンの天板ごと取り出して粗熱を取る

保存

保存容器に並べる
必要に応じて天日干し(土用干し)する

以上でした。 

梅の取り扱い

焼いた梅は皮が破れやすいので取り扱いに注意します。

金属の天板を使用する時は必ずオーブンシートを使わないと、天板が少しずつ溶けてしまいます。それほどに、梅は酸が強いようです。実際に、私の天板はオーブンシートから零れた梅のエキス(梅酢)で変色してしまいました。

無塩梅の詳しい作り方は載せられないので、市販の本にてご確認ください。
(オンラインショップでは売られているサイトが見つかりませんでした)

 

「小島みち子著:画期的!漬けない無塩梅干し&毎日混ぜないぬかみそ(講談社)」 

 

私が今回、「無塩梅干し」として参考にした本です。
こちらの本には、無塩梅干しや梅肉エキスの作り方や梅を使った料理など様々なレシピが載っています。

梅肉エキスも作りたかったのですが、梅肉エキスは青梅を使って作るのが基本でしたので時期としてはもう手遅れでした(._.)
黄熟梅でも作れるようですが、エキスがあまり出ないということだったので。
来年こそは作ってみるぞ、と意気込んでおります。
梅肉エキスって、酸っぱすぎますけど美味しい。小さいころに、体調を崩すとオブラートに包まれた梅肉エキスを母から飲まされていた記憶がよみがえります。酸っぱいとわかっていて、舌の上でオブラートが溶けるのを待ち続け、あまりの酸っぱさに悶絶しかけるということを何度か繰り返していました。大人になってから思うのは、当時の私は、今と変わらずただのアホだった。
来年の6月まで忘れないようにしなくては......!!

無塩梅の感想

無塩梅干しは通常の梅干しと比べて少し違う風合いに仕上がります。
初めて無塩梅干しを目の前にしたときは、見た目は一般的な梅干しと変わりなく、舌触りや感触なども変わりなし。ちゃんと梅干しの味がするのか、なんて思ったほどです。食べてみたら、塩梅干しなんかよりもずいぶんと酸っぱい。
塩梅干しも酸っぱいんですが、あれは酸っぱいというよりもしょっぱいという方があっているのかもしれませんね。無塩梅干しを教えてくれた上司に感謝ですね。

塩梅干しも好きですが、この無塩梅干しも好きです。
無塩梅干しや減塩梅干しやはちみつ梅干しなんかは市販でも売られていますが、自分で作れば梅干しを購入するよりも安上がりになる、なんて軽い気持ちで挑戦してみました。梅干し作りは初めての試みでして、失敗してしまったら何か違うものを作ってしまおう、くらいの意気込みでした。
オーブンの温度さえ間違えず、取り扱いを丁寧にすればひとまず失敗はしないと思います。

オーブンはないけど、オーブントースターはある! という方向けの作り方もこの本に載っているので、興味がある方は是非。

最近塩分の摂りすぎを気にしている方、梅干しダイエットを考えている方、病気をして医者に塩分摂取を控えたり止められている方でも食べられる梅干しでした。

梅干しはクエン酸が多く含まれているので、夏の暑い日や疲労回復などにもオススメですね。胃や肝臓の働きを助けてくれるので、アルコールの飲みすぎなどにも活躍してくれます。
ただし、青梅は人体に有毒物質が含まれているので必ず加工して酵素を失活させてから食しましょう。 

梅しごとが一段落

今回で今年の梅仕事が一段落しました。
あと2週間ほどで梅シロップが完成すると思うので、続いて梅酒づくりを愉しもうと思います。

さて、今回失敗したことはと言えば......梅シロップをビン二つ分作ったのですが、そのうちのどちらかをグラニュー糖か氷砂糖で作ればよかったな、と。梅酒作りで黒糖使えばよかったんじゃないか、とか今更の後悔。でも、どんなものが仕上がっても私は喜んで飲むんでしょうけど。食べる、飲むは大好きですので。

 

ウチには15年近く前に自分で漬けた梅酒がドカンと鎮座しているので、まずはその梅酒をチビチビ飲んでいこうと思います。今年も漬けたらまた数年寝かせるのだろうか、などと予感しておりますがどうなることやら。

10年以上前に漬けた梅酒はアルコールが抜け始めているようなので、早めに飲んだ方が良いのかもしれません。

梅酒ゼリーや炭酸割りで味を堪能しようかしら。

 

無塩梅干しの写真撮り忘れました。下の写真は梅のシロップ作り5日目の状態です。砂糖が完全に溶けているというわけではありませんが、梅に窪みができてきました。

f:id:hinatof:20180713194948j:plain

 

ごちそう様です。

今日も一日ありがとうございました。